2006.03.25 Liverpool 3-1 Everton At Anfield

3月25日

今日は、203回目のMerseyside Derby
伝統のある試合だからこそ、ファンも選手も意気込みが違う。

まあ、そんな事もあるから、空回りする事もあるんだろうけど・・・。

でも、今日はLiverpool、私が観た感じでは。
前半はあまり良いところがない。
ボールの所有率も、Evertonが6割。。。。

前半も終了に近くなった頃に、AlonsoのCKから、相手のオウンゴールで1-0。

後半は、調子も上がって、前半とは逆に、Liverpoolのペース。
Garciaがゴールを決めて。

その後、Kewellの目の覚めるような素晴らしいミドルシュートがあって。
このとき、Crouchもフリーではあったけど、まあ、決定力はKewellの方があるよね。
確かに。


終わってみれば、3-1で。

まあ、良かった。

でも、今日は、Alonso、Sissoko、Riiseかな。と思う。
Crouchもなかなか良くはできていたけど。
今日は、残念だけど、得点なし。
惜しいチャンスはあったけど。
今日は、Garciaが頑張ってた。


しかし、この前のNewcastle戦はアグレッシブだったけど。
今日のこのダービー、アグレッシブにも増して。。。。
イエローカードの多すぎの試合。
おまけに、レッドカードも2枚・・・。
カードの出し方は、審判次第なのだろうか??

でも、前半18分で、Gerrardがレッドカードで、退場。

正直、えーーー、また総崩れ(Arsenalの悪夢)を見なくてはいけないのか??って思ってしまった。
やっぱり、その後10分くらいはまた、押されてたけど。

今回は見事に、持ち直した。

多分、Alonsoのおかげ
彼が、中盤をきっちり裁いて、そこに、Sissokoが良いタイミングでボールを動かしてくれて。


また、後半には、相手選手もレッドカードで退場。
実質、同じ数での対戦になった訳だけれど・・・。
でも、このレッドカード、諸にAlonsoの顔面にエルボー・・・。

これは、即退場です。
っていうより、天罰を与えてくれー。

しかし、、、、「Alonsoの端正な顔がぁ~~~~~~!!!」
もう、Alonsoの顔にもしもの事があったら・・・。
許さないと思った(アホ)

しかし、痛そうだった・・・。


でも、一試合でイエローカード11枚、レッドカード2枚って・・・・。
多すぎでしょう・・・。

※後日、エバートンには、罰金£25,000が言い渡されました。FAの規定らしい。
一試合で6枚以上の黄色(だったかな?)



Liverpool:
Reina,
Riise,Hyypia, Carragher, Finnan,
Kewell, Alonso, Sissoko,Gerrard,
Garcia, Crouch.

Subs -
Dudek, Kromkamp, Morientes, Fowler, Warnock

<GOALS>
Neville og 45, Garcia 47, Kewell 84


<SUBSTITUTIONS>
Warnock (Kewell 87) Morientes (Crouch 90)





(LONDON 3月27日12時)



追記;
このマージーサイドダービー前後には、いろんな記事が新聞に載ってたけど。
ライバルの事を書いていたのはAlonsoとMikel Arteta の事だった。
スペインの頃から同じ道に住んで、同じ学校に通って、同じユースに所属して。
しかし、今は、Merseysideで別のチームに。
世間は狭い?それとも、それが運命?

何日か前にはCrouchとBeattieの記事も。
二人ともSouthampton出身のFWってことだからだと思うけど。

本当に、ダービーと言うもの、因縁も(恨みも?)ある、歴史ある試合なんだろう。


(LONDON 4月3日19時)
[PR]
by crouchy3001 | 2006-03-25 23:35 | Liverpool FC
<< くだらない趣味 Life is peachy >>