2006.04.01 West Brom 0 - 2 Liverpool   At The Hawthorns

2006年4月1日の試合。(遅くなってしまったけど)

今回、ちゃんと観に行ったものの、前半しか良く覚えていない。

Gerrardがこの試合は出られないので、そんなメンツで来るのかちょっと不安と期待も混じる中。
4-4-2で。
FwはGodことFowlerCrouchです。
また、Cisseも調子が上がり坂なので、右サイド(でいいのかな・・・?)にいた。

早々から、Liverpoolのペース。
と、CisseからGodに。Godのゴール。
多分、今日も負けない、と思った。

その後も、Riise、Kewell、Hyypiaと惜しいシーンが続く。
Hyypia、ゴール前でのヘッドがうまいなー。と。
それ、もう少し、誰かに教えてあげてくださいよ・・・。

Crouchもいいシーンあったけど・・・。
今日は、ツキにすっかり見放されてました。
やっぱり。「Luck」って大切です。

前半、Cisseが鮮やかに追加点を決めて、0-2で後半へ。

後半から交代してきた、Geraが調子がいい。
しかし、REDSの守りは厚いので、無理です。

Fowler→Garcia、Crouch→Morientesと変わったので、
少し流れは変わって。
また、チャンスはあるものの・・・。

結局、0-2で。

勝った

前は、好きだったけど、結果しか観れなかった(skyを観にパブに行こうと思わなかった)。
だけど、今は、何があっても、試合だけは観たいと思う。
放送がなかったら、それはそれで、仕方がないけど(苦笑)。

で、その頃は、私の中で、Liverpoolが「負ける」ことはなかった。
とりあえず、「常勝」のチームだった。
「勝ち」を疑う事なんてなかった。

それは、もしかしたら「知らぬが仏、はたまた無知」だったのかなー。

でも、今は、その頃とは違う「勝ち」を感じる。
しかし、正直、「負ける」かも、と思うことがある。

それは、いろんなことを、観すぎ、知りすぎてしまったからかなー。

知識が増える事はいいことだけど、選択肢を増やすし、思いや期待も増やす。
ただひたすらに、「Liverpoolは勝つ」と信じていた私のほうが、今よりも根拠のない自信があって、頼もしかったかも。



とは、言っても、

もう、今季、負けませんよ。REDSは




Liverpool:
Reina, Riise, Hyypia, Carragher, Finnan,
Kewell, Alonso, Sissoko, Cisse,
Crouch, Fowler.

Subs -
Dudek, Kromkamp, Garcia, Morientes, Warnock

<GOALS>
Fowler (7), Cisse (38)

<SUBSTITUTIONS>
Garcia (Fowler 65), Morientes (Crouch 71), Kromkamp (Cisse 78)






(LONDON 4月3日16時)
[PR]
by crouchy3001 | 2006-04-03 16:03 | Liverpool FC
<< It's a FOOT... Crouchとの出会い >>